9日、水沢競馬場最終11Rで行われた第27回東北優駿(岩手ダービー)(M1)は、先手を取った菅原俊吏騎手騎乗の3番人気パンプキンズ(3、岩手伊藤和忍厩舎)が、そのままゴールまで逃げ切り、2着で高松亮騎手騎乗の1番人気グレートアラカー(3、岩手千葉幸喜厩舎)に2馬身差をつけ優勝しました。勝ちタイムは2分7秒6(稍重)でした。

さらに6馬身差の3着に関本淳騎手騎乗の2番人気エムワンピーコ(3、岩手晴山厚司厩舎)が入っています。

勝ったパンプキンズは、父スターリングローズ、母カレンマーガレット、その父ネオユニヴァースという血統です。2003年(平成15年)の開催を最後にいったん廃止となり、16年ぶりに復活した東北優駿の覇者に輝き、新・岩手3歳3冠の1冠目を手にしました(残り2つはダイヤモンドカップ不来方賞)。