27日東京競馬場11Rで行われた第7回アルテミスステークス(GⅢ)は、道中は後方に構えた武豊騎手騎乗の6番人気シェーングランツ(2、JRA美浦藤沢和雄厩舎)が、直線で外から脚を伸ばして、中団追走から一旦は抜け出していた藤岡康太騎手騎乗の5番人気ビーチサンバ(2、JRA栗東友道康夫厩舎)を捕らえ、これに1/2馬身差をつけ優勝しました。勝ちタイムは1分33秒7(良)でした。

さらに1.1/4馬身差の3着に浜中俊騎手騎乗の2番人気エールヴォア(2、JRA栗東橋口慎介厩舎)が入りました。なお、J.モレイラ騎手騎乗の3番人気ミディオーサ(2、JRA美浦堀宣行厩舎)は8着、田辺裕信騎手騎乗の1番人気グレイシア(2、JRA美浦栗田徹厩舎)は11着に終わっています。

勝ったシェーングランツは、父ディープインパクト、母スタセリタ、その父Monsunという血統です。新馬戦こそ5着に敗れましたが、2戦目の未勝利を5馬身差で圧勝。ここでも鮮やかな差し切り勝ちを披露し、半姉ソウルスターリングに続く重賞ウイナーとなりました。
イメージ 1イメージ 2