兵庫県西宮市甲子園町阪神甲子園球場(最寄り駅:阪神電車甲子園駅 最寄りインターチェンジ:阪神高速3号神戸線武庫川出入口)で開催された第99回全国高校野球選手権大会で、3年連続5回目の出場(初出場は2001年(平成13年)の第83回選手権大会)で悲願の初優勝(埼玉県勢としても悲願の初優勝)を果たした花咲徳栄の選手達が、24日午前、宿舎として使用していた伊丹シティホテルをバスで出発し、朝日新聞大阪本社を訪れたあと、新大阪駅までバスで移動し、そこから東京駅まで東海道新幹線で、東京駅八重洲口からはバスに乗り換え、八重洲口最寄りインターチェンジである呉服橋出入口から首都高速に入り、江戸橋ジャンクション堀切ジャンクション小菅ジャンクション江北ジャンクション川口ジャンクションを経由し、東北自動車道加須インターチェンジで一般道に降り、夕方、加須市に有る母校に凱旋(がいせん)しました。

こちらは23日夜に優勝して球場からバスで宿舎である伊丹シティホテルに戻った花咲徳栄の岩井隆監督と選手達です。
2017/08/232017/08/23

こちらは優勝から一夜が明けた24日午前9時前に優勝旗を手にバスに乗り込み宿舎として使用していた伊丹シティホテルを出発し朝日新聞大阪本社へ向かう花咲徳栄の選手達です。
2017/08/24

こちらは優勝旗と優勝盾を手に朝日新聞大阪本社に到着した花咲徳栄の選手達です。
2017/08/24

こちらは東京駅八重洲口からのバスで帰校し、岩井隆監督を先頭にバスを降りた花咲徳栄の選手達です。学校関係者や駆けつけた市民らが「おかえり」「おめでとう」と祝福の声で迎えました。
2017/08/24

こちらは大勢の生徒や関係者から祝福を受けた後、記念撮影する花咲徳栄の選手選手達です。
2017/08/242017/08/24

大橋良一・加須市長は「優勝、心からおめでとう。県民あげてこの快挙に浸っています」と挨拶。岩井隆監督は「埼玉県、加須市、学校の思いが力を与えてくれました」と感謝しました。同市出身の須永光捕手(3年)は「知らない人からも声をかけてもらえてうれしい。優勝した実感がわいてきた」とコメントしています。

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット