法務省は13日、1991年に女性4人を殺害した西川正勝死刑囚(61)と、2011年に女性1人を殺害した住田紘一死刑囚(34)の刑を執行したと発表しました。住田死刑囚は裁判員裁判で死刑判決を受け、執行されたケースとしては3人目で、被害者が1人の事件では初めてです。西川死刑囚は再審請求中でした。

死刑執行は昨年11月以来で、現在の安倍政権下で11回目(計19人)。金田勝年法相の就任後は2回目となります。

再審請求中の死刑執行は異例です。法務省によりますと、未執行の確定死刑囚は、静岡地裁で再審開始決定を受け釈放された袴田巌さん(81)を除き124人いますが、うち91人が再審請求中といいます。

金田法相は記者会見で「誠に身勝手な理由から、尊い人命を奪った極めて残忍な事案だ」とした上で、「再審請求を行っているから執行しないという考えは取っていない」と述べました。

確定判決によりますと、西川死刑囚は1991年12月、兵庫県姫路市、松江市、京都市で、飲食店経営者の女性4人を殺害し、現金を強奪。強盗殺人などの罪で2005年に死刑が確定しました。

住田死刑囚は11年9月、岡山市で元同僚女性=当時(27)=のバッグを奪って乱暴した上で殺害し、遺体を切断して大阪市内の路上や川に遺棄。強盗殺人などの罪に問われ、2013年2月に一審岡山地裁で死刑とされた後、自ら控訴を取り下げて死刑が確定しました。