本日、阪神競馬場第11Rで行われた第58回宝塚記念(GⅠ)は、先団の後ろでレースを進めたM.デムーロ騎手騎乗の3番人気サトノクラウン(牡5、JRA美浦堀宣行厩舎)が、直線で外から突き抜けて、内で脚を伸ばした5番人気ゴールドアクター(牡6、JRA美浦中川公成厩舎)に3/4馬身差をつけ優勝しました。勝ちタイムは2分11秒4(稍重)でした。

さらに1.1/2馬身差の3着に4番人気ミッキークイーン(牝5、JRA栗東・池江泰寿厩舎)が入りました。なお、2番人気シャケトラ(牡4、JRA栗東角居勝彦厩舎)は4着、1番人気キタサンブラック(牡5、JRA栗東清水久詞厩舎)は9着に終わっています。

勝ったサトノクラウンは、父Marju、母ジョコンダ、その父Rossiniという血統です。昨年暮れの香港ヴァーズで欧州の強豪ハイランドリールを下した実力馬が、国内外GⅠ制覇の偉業をグランプリの大舞台で成し遂げました。

本馬を管理する堀宣行調教師は、今年4月のクイーンエリザベス2世カップ(ネオリアリズム)に続くGⅠ勝利です。鞍上のミルコ・デムーロ騎手は、今年2月に行われたフェブラリーステークス(ゴールドドリーム)以来、20回目のJRA・GⅠ制覇となりました。