本日は第93回箱根駅伝の復路で、青山学院大学は3連覇が掛かります。

スタート地点は箱根町地区(芦ノ湖湖畔)で、1着の青山学院大学から16着の山梨学院大学までが時差スタート、17着以下5校が繰り上げ一斉スタートです。

6区のうち、芦ノ湖~芦之湯間は、上り坂です

芦之湯の通過順位は、1位が青山学院大学、2位が早稲田大学、3位が順天堂大学、4位が東洋大学、5位が駒澤大学、6位が神奈川大学、7位が中央学院大学、8位が上武大学、9位が創価大学です。

芦之湯~小田原中継所間は、下り坂です。

小涌園前の通過順位は、1位が青山学院大学、2位が早稲田大学、3位が順天堂大学、4位が東洋大学です。

監督達は先に運営管理車で山を降り、箱根町役場の食堂でテレビ観戦です。選手達が箱根湯本に差しかかると、監督達は役場の駐車場に止めてあった運営管理車に乗り込み、ここから選手達の伴走を開始し、「ホラ、行け、お前なら行ける」「ラスト200㍍、お前なら行ける」と選手達に指示を飛ばします。

小田原中継所は市街地では無く鈴廣本社前で、着順は、1位が青山学院大学、2位が早稲田大学、3位が順天堂大学、4位が東洋大学、5位が神奈川大学です。

途中、サッポロビールJRA東芝のCMも流されました。

二宮を通過した所から、東洋大学と順天堂大学の順位が入れ替わり、東洋大学が3位、順天堂大学が4位となりました。

平塚中継所の着順は、1位が青山学院大学、2位が早稲田大学、3位が東洋大学、4位が神奈川大学、5位が日本体育大学です。国士舘大学が無念の繰り上げスタートとなりました。

遊行寺坂の通過順位は、1位が青山学院大学、2位が早稲田大学、3位が東洋大学、4位が神奈川大学、5位が順天堂大学です。

戸塚中継所の着順は、1位が青山学院大学、2位が早稲田大学、3位が東洋大学、4位が神奈川大学、5位が順天堂大学です。国士舘大学が平塚に続いて無念の繰り上げスタートとなりました。

権太坂の通過順位は、1位が青山学院大学、2位が早稲田大学、3位が東洋大学、4位が神奈川大学、5位が順天堂大学です。

こちらは1位で権太坂を通過中の青山学院大学の池田生成選手です。「行け、行ってくれ、お前は最初で最後なんだから」と原晋監督からの指示が流れます。
イメージ 4

横浜駅前の通過順位は、1位が青山学院大学、2位が早稲田大学、3位が東洋大学、4位が神奈川大学、5位が順天堂大学です。

こちらは1位で横浜を通過した青山学院大学の池田生成選手です。「行け、行ってくれ、お前は最初で最後なんだから」と原晋監督からの指示が流れます。
イメージ 1

こちらは2位で横浜を通過した早稲田大学の光延誠選手と3位で横浜を通過した東洋大学の野村峻哉選手です。
イメージ 2

こちらは最後方で横浜を通過した日本大学の山﨑一輝選手です。
イメージ 3

生麦の通過順位は、1位が青山学院大学、2位が東洋大学、3位が早稲田大学、4位が神奈川大学、5位が順天堂大学です。

鶴見中継所の着順は、1位が青山学院大学、2位が東洋大学、3位が早稲田大学、4位が神奈川大学、5位が順天堂大学です。国士舘大学が平塚、戸塚に続いて、山梨学院大学、関東学生連合明治大学日本大学が新たに無念の繰り上げスタートとなりました。

アンカーの10区は、多摩川に架かる六郷橋を渡って東京都に入り、大井競馬場付近や、1651年(慶安4年)の新設・開場から1871年(明治4年)の廃止・閉場まで多くの犯罪者の死刑が執行され、廃止・閉場後は観光施設として公開されている鈴ヶ森刑場、品川駅、浄土宗の大本山で徳川家の菩提寺でもある三縁山広度院増上寺の前を通過します。

大手町に1位でFINISHしたのは青山学院大学で、同校は箱根駅伝3連覇、史上初の大学駅伝3冠達成です。2位が東洋大学、3位が早稲田大学、4位が順天堂大学、5位が神奈川大学(12年ぶりシード権獲得)、6位が中央学院大学、7位が日本体育大学、8位が法政大学、9位が駒澤大学、10位が東海大学で、ここまでがシード権です。

ここからはシード権獲得を逃し、来年度の予選会からとなった下位10校です。

11位は帝京大学、12位は創価大学、13位は大東文化大学(13番手FINISH)、14位は拓殖大学(15番手FINISH)、15位は上武大学(16番手FINISH)、16位は國學院大学(17番手FINISH)、17位は2校で明治大学(18番手FINISH)と山梨学院大学(最後方FINISH)、19位は日本大学(19番手FINISH)、20位は国士舘大学(20番手FINISH)、OPが関東学生連合(14番手FINISH)です。

こうして今年度の箱根駅伝は、青山学院大学の総合優勝、そして3連覇達成で幕を降ろしました。復路優勝も青山学院大学です。出場20校のうち4年生以外は、明日(1月4日(水))から、青山学院大学は総合4連覇に向けて、他の19校は来年度のリベンジに向けて練習を再開し、4年生はこの箱根駅伝が引退レースとなります。実業団駅伝に出る選手も居れば、町役場や警察署に就職する選手も居ます。

来年度の箱根駅伝は、予選会が10月に東京都立川市(陸上自衛隊立川駐屯地、立川市街地、昭和記念公園)で行われます。どんな大学が出場校に決まるか楽しみです。

今度の日曜日(1月8日)は、「もうひとつの箱根駅伝」が放送され、生放送では見れなかった場面が放送されます。