本日、名古屋競馬場11Rで行われた競馬エース賞第56回新春盃(SPⅡ)は、先手を取った宇都英樹騎手騎乗の6番人気ワンダフルタイムが、そのまま直線に入って後続を突き放し、2着の9番人気ピースフルリバティに3馬身差をつけ優勝しました。勝ちタイムは1分58秒9(良)でした。

さらにクビ差の3着に5番人気ケントリュウコウが入りました。なお、3番人気ニホンピロマイティは6着、2番人気ディーセントワークは7着、1番人気キタノアドラーブルは8着に終わっています。

勝ったワンダフルタイムは、父サウスヴィグラス、、母プリモタイム、その父ブライアンズタイムという血統です。重賞はこれで2勝目です。