昨日、園田競馬場10Rで行われた第16回兵庫ゴールドトロフィー(GⅢ)は、2番手につけた横山典弘騎手騎乗の2番人気ニシケンモノノフが、4コーナーで先頭に立ってゴールまで押し切り、直線で追い上げてきた3番人気ドリームバレンチノにクビ差をつけ優勝しました。勝ちタイムは1分25秒8(不良)でした。

さらに3馬身差の3着に1番人気ノボバカラが入りました。12月25日の有馬記念と同様、上位人気3頭が上位を占めました。

勝ったニシケンモノノフは、父メイショウボーラー、母グリーンヒルコマチ、その父アフリートという血統です。2歳時の兵庫ジュニアグランプリ以来、3年1か月ぶりの重賞制覇となっています。