本日、京都競馬場11Rで行われた第33回マイルチャンピオンシップ(GⅠ)は、先手を取った浜中俊騎手騎乗の3番人気ミッキーアイルが、直線で外に斜行して審議対象になる場面があったものの、2番手追走から並んできた7番人気ネオリアリズムを振り切り、さらに中団から猛然と追い上げてきた2番人気イスラボニータも退け優勝しました。勝ちタイムは1分33秒1(良)でした。

2着はアタマ差でイスラボニータ、3着はさらに3/4馬身差でネオリアリズムとなりました。なお、1番人気サトノアラジンは不利を受けたこともあって5着に終わっています。

勝ったミッキーアイルは、父ディープインパクト、母スターアイル、その父ロックオブジブラルタルという血統です。3歳時のNHKマイルカップ以来、約2年6か月ぶりのGⅠ制覇を果たしました。NHKマイルカップと本レースの両制覇は史上初です。