本日、京都競馬場11Rで行われた第41回エリザベス女王杯(GⅠ)は、スタートで遅れ中団後方からのレースとなったM.デムーロ騎手騎乗の3番人気クイーンズリングが、直線で狭いところを割りながら脚を伸ばして、好位追走から一旦は抜け出した12番人気シングウィズジョイをゴール前で捕らえ、これにクビ差をつけ優勝しました。勝ちタイムは2分12秒9(良)でした。

さらに1.1/4馬身差の3着に2番人気ミッキークイーンが入りました。なお、連覇を狙った1番人気マリアライトは6着(同着)に終わっています。

勝ったクイーンズリングは、父マンハッタンカフェ、母アクアリング、その父Anabaaいう血統です。前哨戦の府中牝馬ステークス続く連勝で、悲願のGⅠタイトルを獲得しました。重賞はこれで4勝目です。