本日、船橋競馬場で行われた第62回平和賞(SⅢ)は、先団から大きく離れた位置でレースを進めた矢野貴之騎手騎乗の7番人気スカイサーベルが、直線で脚を伸ばして、好位追走から一旦は抜け出した1番人気マルヒロナッツオーを捕らえ、さらに外から追い上げてきた4番人気キャッスルクラウンも退け優勝しました。勝ちタイムは1分46秒6(稍重)でした。

2着は1/2馬身差でキャッスルクラウン、3着はさらにアタマ差で1番人気マルヒロナッツオーとなりました。なお、3番人気ユーコンクエストは4着、2番人気キャンドルグラスは5着に終わっています。

勝ったスカイサーベルは、父ディープスカイ、母ヒラボクウィン、その父ワイルドラッシュという血統で、これが重賞初制覇です。