本日、東京競馬場8Rで行われた第18回東京ジャンプステークス(J・GⅢ)は、中団からじわじわとポジションを上げて、最後の3~4コーナーで前に取りついた石神深一騎手騎乗の1番人気オジュウチョウサンが、直線の最終障害を越えて抜け出し、最後は外から一気に追い上げてきた11番人気ウインヤードに1.1/2馬身差をつけ優勝しました。勝ちタイムは3分26秒2(稍重)でした。

さらに5馬身差の3着に7番人気タナトスが入りました。なお、2番人気アロヒラニは5着、3番人気ユキノスライダーは9着に終わっています。

勝ったオジュウチョウサンは、父ステイゴールド、母シャドウシルエット、その父シンボリクリスエスという血統です。4月の中山グランドジャンプに続く重賞連勝となりました。
イメージ 1