本日、阪神競馬場5Rで行われたメイクデビュー阪神(2歳新馬)は、先団から離れた5番手でレースを進めたC.ルメール騎手騎乗の1番人気タイセイブレークが、直線で脚を伸ばして、早め先頭からの押し切りを図った4番人気グランドロワをゴール寸前で捕らえ、これにクビ差をつけ優勝しました。勝ちタイムは1分11秒8(重)でした。

さらにクビ差の3着に5番人気シゲルベンガルトラが入りました。なお、2番人気マルモレイナは4着、3番人気ダンツシリアスは5着に終わっています。

勝ったタイセイブレークは、父ダイワメジャー、母インプレスゴールド、その父ブライアンズタイムという血統です。
イメージ 1