本日、函館競馬場6Rで行われた(2歳新馬)は、スタート後の争いを制してハナに立った城戸義政騎手騎乗の1番人気オアシスクイーンが、そのままゴールまで逃げ切り、2着の6番人気ララベスラーナに1.1/4馬身差をつけ優勝しました。勝ちタイムは59秒6(不良)でした。

さらに1/2馬身差の3着に2番人気マンカストラップが入りました。なお、3番人気アスターメープルは5着に終わりました。

勝ったオアシスクイーンは、父シニスターミニスター、母リッピアピンク、その父ゼンノエルシドという血統です。

イメージ 1