昨日、門別競馬場で行われた第2回グランシャリオ門別スプリント(HⅢ)は、好位の外でレースを進めた松井伸也騎手騎乗の5番人気ケイアイユニコーンが、直線で各馬を交わして抜け出し、2着の3番人気シセイカイカに1馬身差をつけ優勝しました。勝ちタイムは59秒9(良)でした。

さらにクビ差の3着に1番人気クリーンエコロジーが入りました。なお、2番人気サクラインザスカイは6着に終わりました。

勝ったケイアイユニコーンは、父キングカメハメハ、母ケイアイギャラリー、その父ウォーニングという血統です。JRAからの移籍初戦を勝利で飾りました。