昨日、船橋競馬場11Rで行われた第19回京成盃グランドマイラーズ(SⅢ)は、先手を取った石崎駿騎手騎乗の3番人気レガルスイが、そのままゴールまで逃げ切り、2着の9番人気プリンセスバリューに2.1/2馬身差をつけ優勝しました。勝ちタイムは1分39秒7(重)でした。

さらに2馬身差の3着に6番人気グランディオーソが入りました。なお、2番人気タイムズアローは4着、1番人気モンサンカノープスは10着に終わりました。

勝ったレガルスイは、父エイシンサンディ、母ピンクキューティ、その父サクラチトセオーという血統です。通算24戦目での重賞初制覇となりました。
イメージ 1