昨日、門別競馬場で行われた第20回北海道スプリントカップ(GⅢ)は、差のない2番手でレースを進めたM.デムーロ騎手騎乗の1番人気ダノンレジェンドが、直線に入って、逃げた2番人気ノボバカラとのゴールまで続いた競り合いを制し、これにハナ差をつけ優勝しました。勝ちタイムは1分9秒9(不良)でした。

さらに4馬身差の3着に3番人気スノードラゴンが入りました。

勝ったダノンレジェンドは、父Macho Uno、母マイグッドネス、その父Storm Catという血統です。昨年の本レースや、前走の東京スプリントで出遅れて負けた悔しさを見事晴らしました。重賞は7勝目です。
イメージ 1