2005年(平成17年)名古屋のJBCスプリント(GⅠ)、2006年(平成18年)の名古屋のJBCマイル(GⅠ)、同年の大井の東京大賞典(GⅠ)、2007年(平成19年)の船橋のかしわ記念(GⅠ)、盛岡のマイルチャンピオンシップ南部杯(GⅠ)3連覇(2006年、2007年、2008年)など、GⅠを7勝(中央GⅠは未勝利)を挙げたブルーコンコルドが、2日の午前9時半、黄泉の国に旅立ちました。16歳でした。同馬の通算成績は50戦15勝、うち重賞は11勝しています。

2009年(平成21年)の名古屋のJBCクラシック(GⅠ)8着を最後に引退(同年11月7日付で競走馬登録抹消)したブルーコンコルドは、現役時代、夏の休養で過ごしていた北海道新冠町のハントバレートレーニングファームで乗馬として余生を過ごしていました。

しかし蹄葉炎を発症し、ここのところは馬房で過ごす日が多くなっていました。同ファームのケアのもと、食欲もあり蹄以外は健康を保っていましたが、4月30日頃から起立が不能となり、2日朝に容態が急変し、予後不良と診断され殺処分(安楽死)の処置が取られました。

「いつもの牧場の朝の音を聞きながら、眠るように旅立っていきました」と吉田さんは、穏やかだった最後の様子を語ってくれました。

現役時代担当だった山本良樹元厩務員は、ブルーコンコルドの引退後は毎年のように同馬に会いに訪れていました。そのたびにコンコルドは嬉しそうにいななき、山本さんに体を寄せてきたといいます。「最後まで手のかからない馬でしたし、現役時代からいろいろなことを教えてくれた馬でした」と、吉田さんは電話口で声を詰まらせました。
 
多くの人に愛されたブルーコンコルド。府中のフェブラリーステークス(GⅠ)では2年連続2着(07年、08年)と、JRAのGⅠタイトルには惜しくも手は届きませんでしたが、全盛期に見せたあの豪快な走りとスピード、強さは本物でした。
 
晩年は蹄の病のために走り回ることはできませんでしたが、今はコンコルドのごとく超音速で天国を駆け回っていることでしょう。砂の上を力の限り駆け抜けた名馬の冥福を心から祈りたいです。