本日、盛岡競馬場で行われた第29回やまびこ賞(M3)は、好位でレースを進めた村上忍騎手騎乗の1番人気エンパイアペガサスが、直線で脚を伸ばして、逃げ粘る2番人気メジャーリーガーを捕らえ、これに1/2馬身差をつけ優勝しました。勝ちタイムは1分56秒8(不良)です。

さらに4馬身差の3着に3番人気リュウノファンタジが入りました。

勝ったエンパイアペガサスは、父エンパイアメーカー、母ステージトリック、その父Distorted Humorという血統です。前走のスプリングカップに続く重賞連勝となりました。
イメージ 1