本日、阪神競馬場で行われた第21回アンタレスステークス(GⅢ)は、中団から徐々にポジションを上げた武豊騎手騎乗の1番人気アウォーディーが、直線で外から脚を伸ばして、2番手追走から一旦は抜け出した3番人気アスカノロマンを捕らえ、これに1/2馬身差をつけ優勝しました。勝ちタイムは1分49秒9(良)です。

さらに3馬身差の3着に5番人気サージェントバッジが入りました。なお、2番人気ロワジャルダン(牡5、美浦・戸田博文厩舎)は5着に終わりました。

勝ったアウォーディーは、父ジャングルポケット、母ヘヴンリーロマンス、その父サンデーサイレンスという血統です。これでオークランドRCT(1600万)、シリウスステークス、名古屋大賞典、本レースと、ダート転向後負けなしの4連勝となりました。