本日、雨の降る中、京都競馬場で京都牝馬ステークス(GⅢ)が行われ、先団の後ろでレースを進めたM.デムーロ騎手騎乗の1番人気クイーンズリングが、直線で外に持ち出して各馬を差し切り、さらにゴール前で猛追を見せた6番人気マジックタイムをクビ差退け優勝しました。勝ちタイムは1分22秒9(重)です。

さらに1.1/2馬身差の3着に3番人気ウインプリメーラが入りました。なお、2番人気ウリウリは5着に終わった。

勝ったクイーンズリングは、父マンハッタンカフェ、母アクアリング、その父Anabaaという血統です。昨年の秋華賞で2着に入った実力馬が明け4歳の初戦を見事に制し、昨年3月のフィリーズレビュー以来となる重賞2勝目を挙げました。
イメージ 1