本日、東京競馬場(東京都府中市)共同通信杯(GⅢ)(トキノミノル記念)が行われ、中団のインでレースを進めた蛯名正義騎手騎乗の6番人気ディーマジェスティが、直線で外に持ち出しつつ脚を伸ばして、好位追走から一旦は先頭に立った5番人気イモータルを捕らえ、これに1.1/4馬身差をつけ優勝しました。勝ちタイムは1分47秒4(稍重)です。

さらに1/2馬身差の3着に3番人気メートルダールが入りました。なお、2番人気スマートオーディンは6着、1番人気ハートレーは9着に終わりました。

勝ったディーマジェスティは、父ディープインパクト、母エルメスティアラ、その父ブライアンズタイムという血統です。昨年11月の未勝利戦に続く連勝(有馬記念当日のホープフルステークス(GⅡ)は出走取消)で重賞制覇を果たしました。
イメージ 1