昨日、東京競馬場(東京都府中市)でデイリー杯クイーンカップ(GⅢ)が行われ、好スタートから先手を取ったC.ルメール騎手騎乗の1番人気メジャーエンブレムが、そのまま直線に入って楽々と後続を突き放し、2着の7番人気フロンテアクイーンに5馬身差をつけ優勝しました。勝ちタイムは1分32秒5(良)です。

さらに1/2馬身差の3着に6番人気ロッテンマイヤーが入りました。なお、3番人気ルフォールは8着、2番人気サプルマインドは15着に終わりました。

勝ったメジャーエンブレムは、父ダイワメジャー、母キャッチータイトル、その父オペラハウスという血統です。2歳女王の貫禄を見せつける圧勝で、クラシックへ向けて弾みをつけました。