JRAは、短期免許で来日しているルイス・コントレラス騎手の騎乗停止について、2月11日午前11時から美浦トレーニングセンターで会見を開き説明を行いました。

2月6日(土)に行われた騎手の薬物使用に関する検査において、コントレラス騎手から採取された検体から、禁止薬物で麻薬の一種のオキシコドンが検出されました。この検査は、騎手の健康を保護して公正かつ安全な競馬を施行するために2003年(平成15年)4月から実施されており、年間を通じて無作為に抽選で検査が行われているいうことです。検出された検体は、栃木県宇都宮市競走馬理化学研究所に送って検査されますが、コントレラス騎手の検体からオキシコドンが検出されたという通知がJRAにあったのは、10日(水)の午後7時10分でした。

検査開始以来、陽性反応が出たのは今回が初めてです。禁止薬物の検出により、11日から裁定委員会の議定があるまで同騎手は騎乗停止となるいうことです。なお麻薬取締法違反に抵触する可能性もあるため、JRAは茨城県警稲敷署に届け出ているいうことです。

オキシコドンは、口から接種されるモルヒネの約1.5倍の強い鎮痛効果があるとされるいうことです。昨年6月にトヨタ自動車のジュリー・ハンプ常務役員(当時)が、麻薬及取締法違反容疑で逮捕(のちに不起訴)された時の薬物も、オキシコドンでした。日本国内では、ガンなどの強い痛みに医師から処方されています。

今後は入手経路や何を体内に摂取していたのか、また同騎手に過失があったのかどうか等、茨城県警の調査等やJRAの調査等を待って裁定委員会が開かれます。なお裁定委員会の決定に対してコントレラス騎手は申し立てが可能で、同騎手が申し立てを行った場合は、その内容を聞いた上で判断が下されるということです。

また今回の薬物陽性事案があったことで、JRAでは全騎手を対象として、今後このようなことが無いように、ドーピング検査の強化を図っていきたいとしているいうことです。