1989年(昭和64年→平成元年)の天皇賞・春、宝塚記念、有馬記念を制したイナリワンが7日、繋養先のあるぷすペンション(北海道占冠村)で老衰のため死亡したことがわかりました。32歳(人間の約90歳)でした。

同馬は1986年(昭和61年)に大井競馬でデビューし、88年の東京大賞典(GⅠ)など14戦9勝の成績を挙げました。1989年(昭和64年→平成元年)にJRAに移籍し、武豊騎手とのコンビで天皇賞・春、宝塚記念とGⅠを連勝しました。その後も毎日王冠(GⅡ)でオグリキャップと激しく競り合い2着、有馬記念(GⅠ)でスーパークリークをハナ差下して優勝など名勝負を繰り広げ、同年の年度代表馬に輝きました。

現役引退後は種牡馬入りしましたが、中央競馬での重賞勝ち馬は出せず(ただし、OP特別を勝った馬は居る)、2004年(平成16年)に種牡馬を引退しました。種牡馬引退後の2014年(平成16年)12月から現在の繋養先で余生を過ごしていました。ライバルのオグリキャップ・スーパークリークは2010年(平成22年)に黄泉の国に旅立っており、これで「平成3強」は全て黄泉の国に旅立つこととなりました。