日本のエルコンドルパサーをはじめ、世界中で活躍馬を輩出した大種牡馬キングマンボが黄泉の国に旅立ったことがわかりました。26歳でした。

同馬は父がミスタープロスペクター、母がGⅠ・10勝を挙げたミエスクという超良血馬で、競走馬としてはムーラン・ド・ロンシャン賞(仏GⅠ)の母仔制覇など、GⅠを3勝しました。引退後は米・ケンタッキー州のレーンズエンドファームで種牡馬入りし、初年度からジャパンカップを勝って凱旋門賞でも2着に入ったエルコンドルパサーを送り出しました。以降も米GⅠを5勝したレモンドロップキッドや、ジャパンカップを2分22秒1のレコードで制したアルカセット、NHKマイルカップと日本ダービーを制したキングカメハメハなど、世界中で活躍馬を輩出しました。

2010年に種牡馬を引退し、功労馬として余生を過ごしていましたが、最後は老衰による衰弱のため、殺処分(安楽死)の措置が取られたということです。