本日、中山競馬場でフェアリーステークス(GⅢ)が行われ、先手を取った石橋脩騎手騎乗の3番人気ビービーバーレルが、そのままゴールまで逃げ切り、先団の後ろから差を詰めた10番人気ダイワドレッサーに1.3/4馬身差をつけ優勝しました。勝ちタイムは1分34秒3(良)です。
 
さらに3/4馬身差の3着に7番人気ダイワダッチェスが入りました。なお、1番人気リセエンヌは7着、2番人気シーブリーズラブは15着に終わっています。
 
勝ったビービーバーレルは、父パイロ、母ファインディンプル、その父シルバーホークという血統です。昨年6月のデビューから6戦目で重賞初制覇を果たしました。また、昨年3月に厩舎を開業した中舘英二調教師にとっても、これが初めての重賞勝利となりました。