本日は長野県の旅行の最終日です。そして箱根駅伝(東京箱根間往復大学駅伝競走)の往路です。

朝5時頃に起床し、朝風呂へ向かいました。

朝食は大晦日の夕食、元日の朝食と同じバイキング形式です。

朝食後、箱根駅伝を1区(大手町~鶴見間)だけ見た後、9時40分頃に信州松代ロイヤルホテルを出発し、最寄りの長野インターチェンジから上信越自動車道に入り、千曲市更埴ジャンクションで中央道方面(長野道)とは別れ、関越道方面へ進みます。

坂城インターチェンジで一般道に降りて、上田市に向かいます。

到着したのは、上田市別所温泉でした。立木観音に行く予定でしたが、長い列ができ、1時間以上の待ち時間が有ったため今回は断念しました。

別所温泉を出発し、北陸新幹線の高架をくぐり抜け、上田菅平インターチェンジから上信越道に入り、碓氷峠で長野県から群馬県に入り、安中市松井田妙義インターチェンジで一般道に出て、おぎのや横川店に到着しました。すぐ前には、JR東日本横川線(信越本線高崎~横川間の通称)の終着駅である横川駅が有ります。

そこで昼食を摂った後、店内のテレビで箱根駅伝を見たところ、青山学院大学が往路優勝を果たしました。明日は8着までが時差スタート、9着以下が繰り上げ一斉スタートになります。ちなみにおぎのや横川店のテレビはパナソニック製です。
イメージ 1

おぎのやを出発し、松井田妙義インターチェンジから上信越道に入り、藤岡方面へ向かいます。その途中で、世界遺産に登録された富岡製糸場の有る富岡市を通過しました。

藤岡ジャンクションに差し掛かった所から、関越道の東京方面が事故で渋滞していたため、藤岡ジャンクションからコースを変えて高崎方面へ向かい、高崎ジャンクションから北関東自動車道へ進み、東北道方面へ向かいます。

栃木市岩舟ジャンクションから東北道の東京方面へ進み、埼玉県に入って羽生パーキングエリアで休憩します。

羽生パーキングエリアを出発し、東京方面へ向かいます。

浦和料金所を通過した所から渋滞が開始し、川口ジャンクションからは6車線(3車線+3車線)から4車線(2車線+2車線)になると同時に、首都高速川口線になり、小菅ジャンクション方面へ進みます。

新井宿出入口を通過すると、東京スカイツリーと富士山が見えてきました。

東京都足立区に入り、江北ジャンクションからは首都高速中央環状線で、そこを過ぎると、関越道方面からのクルマの列で再び渋滞が始まりました。

東武スカイツリーラインの真上を通過すると、左手に東京拘置所(昔の小菅刑務所)が見えてきました。

船堀橋出入口を過ぎると、東京タワーも見えてきました。

葛西ジャンクションからは首都高速湾岸線で、車線数も4車線から6車線に戻りましたが、台場方面からのクルマの列で渋滞していました。右手を走るのは、JR東日本京葉線です。

利根川の分流である江戸川(旧江戸川)を渡って千葉県に入ると、浦安市のシンボルである東京ディズニーリゾートも見えてきました。最寄りインターチェンジは浦安出入口、最寄り駅はJR東日本舞浜駅です。

台場方面からの渋滞は、自然渋滞では無く事故渋滞でした。事故現場を通過した先から、渋滞は解消されていました。

千鳥町出入口から先は東関東自動車道で、谷津船橋インターチェンジで一般道に降り、午後5時半過ぎに予定より約1時間早く京成津田沼駅近くの習志野第一病院前に到着しました。ここで、千葉方面へ向かう人達とはお別れで、団体行動もここまでです。

そこから京成津田沼駅まで徒歩数分で、そこから北初富駅までは新京成電鉄新京成線です。乗車車両は日本車輛製の8800形(同系列の主要機器は東洋電機製造と三菱電機の2社製)です。

北初富駅に到着し、華屋与兵衛北初富店で夕食を摂りました。僕が注文したのは、天ぷら膳です。

夕食後、午後7時20分頃に自宅に到着し、3日間の長野旅行は幕を降ろしました。家に到着するなり日本テレビ系列「ぐるナイお正月ゴチ!新メンバーは超意外なアノ女優さんだSP」を見ました。

明日は箱根駅伝の復路で、競馬では川崎競馬場で報知オールスターカップ(SⅢ)が行われます。