本日、大井競馬場で第39回東京2歳優駿牝馬(SⅠ)が行われ、好位でレースを進め、3~4コーナーで前に並びかけた阿部龍騎手騎乗の1番人気モダンウーマンが、直線で抜け出し、2着の3番人気リンダリンダに1.1/2馬身差をつけ優勝しました。勝ちタイムは1分42秒4(良)です。

さらに3/4馬身差の3着に9番人気ミスミランダーが入りました。なお、2番人気スアデラはミスミランダーと3/4馬身差の4着に終わっています。

勝ったモダンウーマンは、父サウスヴィグラス、母スマートダズル、その父スマートボーイという血統です。前走のローレル賞(川崎)に続く重賞連勝となった。また、この勝利で本レースが最終戦となったGRANDAME-JAPAN2015・2歳シーズンの優勝も確定しました。