京王線府中駅から市街地のど真ん中を是政方面へ歩くこと15分で、JRA東京競馬場に到着しました。途中、伊勢丹府中店大國魂神社府中馬霊塔の前を通過しました。ジャパンカップと酉の市が重なったせいか、大國魂神社では大勢の客で賑わっていました。馬霊塔ではこの日も死んだ競走馬に合掌する競馬ファンと府中市民が後を絶ちません。

東京競馬場のターフビジョンとパドックビジョンは三菱電機製、場内テレビはシャープ製(AQUOS)、東芝製(REGZA)、三菱電機製(REAL)が有り、ソニー製(BRAVIA)、パナソニック製(VIERA)、日立製作所製(Wooo)は有りません。エレベーターは東芝製と三菱電機製、エスカレーターは東芝製、日立製作所製、三菱電機製の3種類です。東芝製が有るのは、東芝府中事業所が近く(府中刑務所の隣)に有るためです。(東芝府中事業所は東芝町に、府中刑務所は晴見町に所在。両施設ともJR東日本北府中駅が最寄り)

10Rは準OPのウェルカムステークスです。競走名のウェルカム(Welcome)とは英語で、「歓迎」を意味する言葉で、中国語は「欢迎(Huanying)」、韓国語は「환영(Hwanyeong)」です。

アッシュゴールドです。グランプリGⅠ2勝馬で今年初年度産駒がデビューしたドリームジャーニーと、6冠馬(府中の皐月賞、府中の日本ダービー、淀の菊花賞、中山の有馬記念2勝、仁川の宝塚記念)で早ければ再来年に初年度産駒がデビューする予定のオルフェーヴルの弟で、昨年の淀の未勝利戦を勝ったのみの1勝馬です。この馬のパパで香港ヴァーズ(GⅠ)を武豊騎手の鞍上で勝ったステイゴールドは残念ながら黄泉の国に旅立っています。
イメージ 6

ネオリアリズムです。2つの条件特別(夏木立賞(500万下)日高特別(1000万下))を勝っているネオユニヴァース産駒です。なお、この馬のデビュー戦は積雪による影響のため開催中止となった2014年(平成26年)2月16日(日)の代替競馬(コパノリッキーが勝った第31回フェブラリーステークス(GⅠ)翌日の2月24日(月)に開催)でした。
イメージ 10

11Rは今年で35回目となるジャパンカップ(GⅠ)です。なお、このレースは、昨年からロンジン賞として行われています。ロンジンはスイスに本部が有る時計メーカーです。ゴールの前に有る時計はロンジン製であり東芝製ではありません。

ラブリーデイです。お正月中山日刊スポーツ賞中山金杯(GⅢ)で重賞を初めて勝ったのを皮切りに、京都記念(GⅡ)仁川鳴尾記念(GⅢ)、仁川の宝塚記念(GⅠ)、淀の京都大賞典(GⅡ)、府中の天皇賞(秋)(GⅠ)と、6つの重賞を勝っています。
イメージ 3

ワンアンドオンリーです。言わずとも知れた2014年(平成26年)の日本ダービー馬で、この馬のパパは国内で唯一ディープインパクトに勝ったハーツクライです。(第50回有馬記念(GⅠ)を参照)仁川の神戸新聞杯(GⅡ)を勝った後、長らく勝利から遠ざかっており、淀の菊花賞(GⅠ)から目下7連敗中です。府中で連敗を止めることができるでしょうか
イメージ 4

ラストインパクトです。昨年の小倉小倉大賞典(GⅢ)、淀の京都大賞典(GⅡ)中京金鯱賞(GⅡ)の3つの重賞を勝っています。父ディープインパクトは武豊騎手の鞍上でこのレースを勝っており、この馬が勝てば親子制覇になります。
イメージ 11

ショウナンバッハです。重賞未勝利馬ですが、前走のノベンバーステークス(準OP)を勝っています。
イメージ 13

ダービーフィズです。馬名の由来は英国ダービー(正式名称はダービーステークス)に因むカクテル名です。夏の函館記念(GⅢ)を勝ち、札幌記念(GⅡ)を3着し、秋の天皇賞(GⅠ)は15着に終わって4週間ぶりに府中にやって来ました。
イメージ 12

ミッキークイーンです。仁川の桜花賞(GⅠ)は抽選に漏れて出走できませんでしたが、同日の忘れな草賞(OP)を快勝すると、5月の府中の優駿牝馬(オークス)(GⅠ)と淀の秋華賞(GⅠ)を勝っています。
イメージ 5

ゴールドシップです。2012年(平成24年)の中山の第72回皐月賞、淀の菊花賞、中山の有馬記念、2013年(平成25年)の仁川の宝塚記念、2014年(平成26年)の仁川の宝塚記念、2015年(平成27年)の淀の天皇賞(春)と、GⅠを6勝しています。陣営は今年8月に引退を発表しており、府中のこのレースと中山の有馬記念の2戦を残すのみです。
イメージ 2

ヒットザターゲットです。日本ダービー当日の最終レース、第129回目黒記念(GⅡ)を勝ち、夏の第51回札幌記念(GⅡ)を2着しておよそ半年ぶりに府中にやって来ました。
イメージ 7

ショウナンパンドラです。昨年の京都の秋華賞(GⅠ)を勝っている牝馬です。なお、前走の天皇賞(秋)(GⅠ)は4着に終わっています。
イメージ 1

本馬場入場曲は2010年(平成22年)から関東全GⅠ競走で使用を開始し、2012年(平成24年)以降も一部を除く関東GⅠ競走で使用されている『Glory』です。ちなみにジャパンカップは2009年(平成21年)まで『グレード・エクウス・マーチ 』が流されていました。

実況は5月の優駿牝馬(オークス)(GⅠ)の実況も務めたラジオNIKEEI小林雅巳アナウンサー(東京都練馬区出身)(フジテレビ系列の競馬番組では同局の青嶋達也アナウンサー)が務めます。

山本直也アナウンサー(兵庫県加古川市出身)が実況を務め、コパノリッキーが優勝した2月のフェブラリーステークス(GⅠ)や、木和田篤アナウンサーが実況を務め、ストレイトガールが優勝した5月のヴィクトリアマイル(GⅠ)と違い、ジャパンカップのファンファーレは生演奏です。本日の演奏団体は中野雷太アナウンサーが実況を務め、ドゥラメンテが優勝した日本ダービー(GⅠ)の生演奏も務めた陸上自衛隊中央音楽隊です。ドラクエでお馴染みのすぎやまこういち氏作曲の東京・中山GⅠファンファーレが同団体により生演奏され、それが三菱電機製ターフビジョンやシャープ製、東芝製、三菱電機製のそれぞれの場内テレビ(家ではグリーンチャンネル中央競馬中継とフジテレビ系列の競馬番組(みんなのKEIBA、競馬BEAT))に映され、津波のような大歓声が東京競馬場に響き渡りました。
イメージ 8

こちらはGⅠファンファーレを生演奏中の陸上自衛隊中央音楽隊です。なお、彼等が愛用しているトランペット等の楽器はヤマハ製、前に置かれたマイクはソニー製です。ちなみに府中市にはヤマハとソニーの工場は有りません。
イメージ 9

そして各馬が最後の直線コースに入ると、「差せ、差せ、お前達なら宝塚記念(GⅠ)の借りを返せる」と、津波のような声が府中に響き渡りました。

勝ったのは昨年の京都の秋華賞の勝馬であるショウナンパンドラです。同馬はGⅠ2勝目です。ラストインパクトは2着に、一旦先頭に出たラブリーデイは3着に入りました。昨年のダービー馬ワンアンドオンリーは伸びを欠き7着に、ゴールドシップは伸びを欠き10着に終わっています。最下位はドイツから参戦のイトウでした。

表彰式の司会はドゥラメンテが優勝した日本ダービー(GⅠ)の実況も務めたラジオNIKEEIの中野雷太アナウンサーが、プレゼンターはラグビーの五郎丸歩氏とアンドレ・アガシ氏が務めました。

さて、京都では京阪杯(GⅢ)が行われ、府中のターフビジョンに京阪電車が映りました。勝ったのはサトノルパン、2着にビッグアーサー、3着にアースソニックが入りました。昨年の高松宮記念(GⅠ)の勝馬コパノリチャードは伸びを欠き14着に終わっています。

全レース終了後は五郎丸歩氏のラグビートークショーと小室哲哉氏のスペシャルライブが行われ、第5回東京競馬をこれらのイベントで締めくくります。

そして次週のメインレースのお知らせがシャープ製、東芝製、三菱電機製のそれぞれの場内テレビとターフビジョンに表示されると共に、競馬場を後にし、府中馬霊塔、大國魂神社、伊勢丹府中店を経由し、京王線府中駅へ向かいました。帰りの道中についてはこちらをご覧ください。
イメージ 14

さて、第5回東京競馬と第5回京都競馬はこれを以て閉幕し、今年の全日程を終了しました。次回の東京競馬は年明けの1月下旬、京都競馬はお正月からと成ります。来週からは第5回中山競馬第5回阪神競馬第4回中京競馬が開幕します。第5回中山競馬ではゴールドシップの引退レースである有馬記念(GⅠ)が、第5回阪神競馬では2つの2歳GⅠ(阪神ジュベナイルフィリーズ朝日杯フューチュリティステークス)が、第4回中京競馬ではJRAでは2つしか無いダートGⅠの1つであるチャンピオンズカップ(GⅠ)が行われます。なお、愛知杯(GⅢ)は今回は無く、年明けの再来月に行われます。