JRAは本日、2014年(平成26年)の中山の報知杯弥生賞(GⅡ)を優勝したトゥザワールドと、同年の阪神のマーメイドステークス(GⅢ)、府中の府中牝馬ステークス(GⅡ)、中京の愛知杯(GⅢ)の3つの重賞を勝ったディアデラマドレの現役引退を発表しました。(前者は10月21日(水)付けで、後者は10月22日(木)付けで競走馬登録抹消)

引退式の予定は無く、前者は北海道新冠郡新冠町の優駿スタリオンステーションで種牡馬入りし、後者は北海道勇払郡安平町のノーザンファーム早来で繁殖入りする予定です。

2頭のラストランは前者がクイーンエリザベスステークス(GⅠ)、後者は宝塚記念(GⅠ)でした。