昨日、大井競馬場で第48回ハイセイコー記念(SⅡ)が行われ、4番手でレースを進めた本田正重騎手騎乗の3番人気トロヴァオが、直線で脚を伸ばして先行各馬を差し切り、3番手追走から伸びた2番人気グランユニヴェールに1.1/4馬身差をつけ優勝しました。勝ちタイムは1分41秒2(良)。

さらに1馬身差の3着に13番人気フォクスホールが入っています。なお、1番人気ラクテはフォクスホールと1/2馬身差の4着に終わっています。

勝ったトロヴァオは、父カネヒキリ、母サワズソング、その父Cox's Ridgeという血統。北海道からの移籍初戦を見事勝利で飾りました。また、本馬及び2着のグランユニヴェールは12月16日に川崎競馬場で行われる全日本2歳優駿の優先出走権を獲得しました。