昨年の新潟2歳ステークス(GⅢ)を優勝し、先週の新潟記念(GⅢ)に出走したミュゼスルタンが、レース中に軽度の右橈骨遠位端骨折を発症していた事が判明しました。

なお、全治は3ヶ月前後で、晩秋の府中のジャパンカップ(GⅠ)と年末の中山の有馬記念(GⅠ)の出走は厳しいと思われます。なお、近日中に美浦トレセンで骨片を除去する手術が行われる予定です。