本日、JRAは藤田伸二騎手(栗東・フリー)が騎手免許の取消願を提出したと発表しました。

同騎手は1991年に栗東・境直行厩舎所属としてデビューし、翌92年のエリザベス女王杯(タケノベルベット)で早くもGⅠを制覇。96年にはフサイチコンコルドで日本ダービーを制し、史上2番目の若さでダービージョッキーとなりました。

通算勝利は歴代8位(現役5位)の1918勝です。重賞は93勝(うちGⅠは17勝)で、中央競馬全10場重賞制覇、史上唯一となる2度の特別模範騎手賞受賞(フェアプレー賞も19回で史上最多)などの記録も残しています。6日札幌の第7レース(イキオイで10着)が現役最後のレースとなりました。

現在の所、引退式の予定は無いということです。