本日、小倉競馬場で小倉2歳ステークス(GⅢ)が行われ、スタートで遅れたものの、すぐに4・5番手までポジションを上げた岩田康誠騎手騎乗の1番人気シュウジが、3~4コーナーで前に並びかけて直線で抜け出し、中団追走から脚を伸ばした7番人気サイモンゼーレ(牡2、栗東・梅田智之厩舎)に2.1/2馬身差をつけ優勝しました。勝ちタイムは1分8秒9(稍重)です。

さらにクビ差の3着に6番人気レッドラウダが入りました。なお、2番人気レッドカーペット(牡2、栗東・高野友和厩舎)は4着、3番人気コウエイテンマ(牡2、栗東・川村禎彦厩舎)は5着に終わりました。

勝ったシュウジは、父キンシャサノキセキ、母カストリア、その父Kingmamboという血統です。新馬戦、中京2歳ステークス(OP)に続くデビュー3連勝で重賞制覇を果たしました。また、父キンシャサノキセキにとっても、これが産駒のJRA重賞初制覇となりました。

さて、本日を以て夏競馬は終わり、来週から秋競馬が開幕します。関東主場は中山(第4回中山競馬)、関西主場は仁川(第4回阪神競馬)です。ちなみに昨年は、中山競馬場は第1回中山競馬閉幕と共に廃止・閉館と成ったクリスタルコーナーの解体およびグランプリロード(ハナミチ)新設工事のため、新潟競馬場で行われていました。