本日、新潟競馬場でレパードステークス(GⅢ)が行われ、道中は好位につけ、徐々に前へ進出していった岩田康誠騎手騎乗の1番人気クロスクリーガーが、直線で逃げた2番人気ゴールデンバローズを交わして抜け出し、最後は中団から早めに動いて差を詰めた3番人気ダノンリバティに3/4馬身差をつけ優勝しました。勝ちタイムは1分51秒9(良)です。

さらに1.3/4馬身差の3着に11番人気タマノブリュネットが入りました。なお、ゴールデンバローズはタマノブリュネットから1.3/4馬身差遅れての4着に終わりました。

勝ったクロスクリーガーは、父アドマイヤオーラ、母ビッグクィーン、その父ブライアンズタイムという血統です。前走のジャパンダートダービーではノンコノユメの末脚に屈しましたが、ここで改めてその力を見せつけ、今後の重賞・GⅠ戦線に向け弾みをつけました。