気象庁によりますと、本日午後8時24分頃、小笠原諸島西方沖を震源とするM8.5(後にM8.1に修正)の地震があり、小笠原諸島の父島と神奈川県二宮町で震度5強を、埼玉県春日部市等で震度5弱を、その他北海道から沖縄までのほぼ全国で震度1~4を観測しました。震度1以上の観測が無かったのは、沖縄県浦添市豊見城市と、北海道の北部のみでした。M8以上は国内では東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)のM9.0以来4年ぶりです。
イメージ 1イメージ 2

震源は海底ながら、深さが590㎞の深度地震ため、この地震による津波の心配は有りませんが、揺れの強かった地域にお住まいの皆さんは、余震並びに崖崩れには気を付けてください。そして、落ち着いて行動してください。

どうやらこの地震は、2つ以上の地震が同時に発生してマグニチュードが8を超えてしまった可能性が有ります。(小笠原と埼玉県北部の2ヵ所)また、東日本以外でも震度3を観測するなど、異常震域の傾向を呈しています。なお、モーメントマグニチュードは7.8でした。

震度3を観測した府中市に位置する東京競馬場で行われる東京優駿日本ダービー(GⅠ)目黒記念(GⅡ)は、予定通り行われるようです。