ゴールデンウイークが明けてから、競馬界では引退する4歳以上の重賞勝馬が続出し、大激震が走っています。

2012年(平成24年)の府中の第7回ヴィクトリアマイル(GⅠ)を優勝したホエールキャプチャの引退が正式に決まりました。
イメージ 1

本来ならば年末の有馬記念まで現役を続ける予定でしたが、左前脚に不安を発症したため、即引退と成っています。なお、競走馬登録抹消日は本日(2015年(平成27年)5月8日(金))、引退レースは仁川の第58回サンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークス(GⅡ)です。

こちらは引退レースとなった第58回サンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークス(GⅡ)出走時のホエールキャプチャです。
イメージ 2

同馬は北海道日高郡の千代田牧場でとなり、種付けシーズン中のため、そちらに移動し繁殖馬登録後、速やかに供用を開始する予定です。