北海道新ひだか町のレックススタッドで種牡馬生活を送っていたアドマイヤコジーンが種牡馬を引退することに成りました。なお、種牡馬登録抹消日は未定です。種牡馬登録を抹消されないまま事実上の種牡馬引退と成る場合も有ります。因みにフジキセキも種牡馬登録を抹消されないまま事実上種牡馬を引退しており、ウイニングチケットは種牡馬登録抹消で形式上種牡馬を引退しています。

現役時代は23戦6勝(重賞5勝)。朝日杯3歳ステークス(現在の朝日杯フューチュリティステークス)、安田記念など5つの重賞に勝ち、最優秀3歳牡馬、同短距離馬に選出されました。

種牡馬としても産駒がデビューした2006年(平成18年)にはファーストシーズンチャンピオンサイアーに輝いています。