ダート重賞4勝のランフォルセは、本日(4月1日)付で競走馬登録を抹消し現役を引退したとJRAが発表しました。中山マーチステークス(GⅢ)が引退レースとなっています。

ランフォルセは、シンボリクリスエスの産駒で、2011年(平成23年)の札幌のエルムステークス(GⅢ)、2012年(平成24年)の船橋のダイオライト記念(GⅡ)、2013年(平成25年)の浦和の浦和記念(GⅡ)、2014年(平成26年)の佐賀の佐賀記念(GⅢ)とダート重賞を4勝しました。

ランフォルセは美浦トレセンを出発し北海道に移動する予定ですが種牡馬には登録されず、苫小牧市のノーザンホースパークで乗馬になる予定です。

こちらの写真はラストラン(引退レース)と成った中山のマーチステークス(GⅢ)出走時のランフォルセです。