香港ヴァーズドバイシーマクラシックを制し、種牡馬としてもオルフェーヴルドリームジャーニーなどを送り出して活躍してきたステイゴールド(牡21歳、父サンデーサイレンス、母ゴールデンサッシュ)が2月5日(木)に北海道苫小牧市にて急病で死亡しました。詳しくはこちらをご覧ください。

種牡馬として北海道日高町のブリーダーズスタリオンステーションに繋養されていましたが、5日午後2時に今年初の種付けをしたあと、様子がおかしいことにスタッフが気付き、北海道苫小牧市の社台ホースクリニックに輸送されて検査を受けました。その段階では、はっきりした原因が分からず、いったん同クリニックの馬房に戻ったものの、その後に苦しみだして容態が急変しました。稀代のサクセスストーリーを刻んだ人気者は残念ながらプロの獣医の治療の甲斐も無く回復不能と診断、夕方6時頃に安楽死の処置が取られてしまいました。JRAの発表によりますと、同馬が黄泉の国に旅立つ原因は、翌6日(金)に大動脈破裂と判明しています。

ステイゴールドは1994年(平成6年)3月24日(木)に白老ファーム(現・社台コーポレーション白老ファーム)に産まれ、栗東・池江泰郎厩舎からデビューしました。重賞になかなか手が届かないながらも大舞台で善戦を続け、ファンに愛されました。6歳春の府中目黒記念(GⅡ)で待望の重賞初制覇を成し遂げています。さらに7歳になって、海外初参戦で挑んだドバイシーマクラシック(当時はGⅡ格付け)を勝つと、引退レースとして臨んだ香港ヴァーズで感動のGⅠ初制覇を成し遂げ、有終の美を飾りました。なお、その前に失格になったレースが有ります。それは京都第36回京都大賞典(GⅡ)で、1着に入線するも、ナリタトップロードを進路妨害により落馬・競走中止に追い込ませたため、失格となっています。(2着入線のテイエムオペラオーが繰り上げ優勝。ちなみに現在のルールでは失格になるとは限りません。降着・失格のルールを参照)引退式は2002年(平成24年)に京都競馬場で行われました。

種牡馬入り当初はあまり人気も有りませんでしたが、小柄ながらも活躍する産駒が続々と登場しています。3冠馬で、フランスGⅠ凱旋門賞で2年連続2着のオルフェーヴルや、その全兄でGⅠを3勝したドリームジャーニー、さらにナカヤマフェスタ(宝塚記念)を送り出し、現役にもゴールドシップ(栗東須貝尚介厩舎、牡6歳)、フェノーメノ(美浦戸田博文厩舎、牡6歳)、レッドリヴェール(栗東・須貝尚介厩舎、牝4歳)といったGⅠ馬が居ます。

馬産地でも期待は大きく、今春も多くの種付けが予定されていた(2015年度の種付け料は600万円)だけに、関係者に与えた衝撃は大きいです。[]
イメージ 5イメージ 1イメージ 2イメージ 3イメージ 4
 
ステイゴールド、君の事は忘れません。安らかに眠ってください…。

今後は現役競走馬のゴールドシップや種牡馬2年目で今年産駒第1号が誕生したオルフェーヴル、種牡馬4年目で今年産駒がデビューする予定のドリームジャーニーに頑張ってもらいたいです。
イメージ 7イメージ 6イメージ 8