1月25日(日)の出来事の第2話です。

JR東日本船橋法典駅から地下道を通ること10分で、中山競馬場に到着しました。

メインは11Rのアメリカジョッキークラブカップ(GⅡ)です。「あ」で始まる重賞はこの競走と朝日杯セントライト記念(GⅡ)、朝日杯フューチュリティステークス(GⅠ)、有馬記念(GⅠ)の4つだけです。また、中京では東海テレビ杯東海ステークス(GⅡ)が行われます。

ディサイファです。昨年の府中のエプソムカップ(GⅢ)の勝馬で、ジャパンカップ(GⅠ)以来の出走です。

ゴールドシップです。前走は先月の第59回有馬記念(GⅠ)です。
イメージ 2

クリールカイザーです。重賞未勝利馬で、1000万と2つの準OPを勝っています。[]
イメージ 3

オーシャンブルーです。2012年(平成24年)の中京の金鯱賞(GⅡ)と2014年(平成26年)の中山の日刊スポーツ賞中山金杯(GⅢ)を勝っています。
イメージ 4

勝ったのはクリールカイザーで、重賞初制覇です。ゴールドシップは直線で伸びを欠き7着入線でした。

一方、東海ステークスはコパノリッキーが勝ち、府中フェブラリーステークス(GⅠ)の優先出走権を獲得しています。これは昨年のフェブラリーステークスの時の同馬です。
イメージ 1

これにより第1回中山競馬は幕を閉じ、来週から第1回東京競馬(府中)が開幕します。皆さん、府中でお会いしましょう。