27日、中山競馬場11Rで行われた第69回日経賞(GⅡ)は、好位でレースを進めた横山武史騎手騎乗の4番人気ウインマリリン(4、JRA美浦手塚貴久厩舎)が、最後の直線に入って抜け出し、中団から追い上げてきた松山弘平騎手騎乗の1番人気カレンブーケドール(5、JRA美浦国枝栄厩舎)に1/2馬身差をつけ優勝しました。勝ちタイムは2分33秒3(良)でした。

さらにクビ差の3着に石橋脩騎手騎乗の2番人気ワールドプレミア(5、JRA栗東友道康夫厩舎)が入りました。なお、三浦皇成騎手騎乗の3番人気ラストドラフト(5、JRA美浦戸田博文厩舎)は8着に終わっています。

勝ったウインマリリンは、父スクリーンヒーロー、母コスモチェーロ、その父Fusaichi Pegasusという血統です。昨年の府中フローラステークス以来となる重賞2勝目を挙げました。また、本馬はこの勝利で天皇賞(春)の優先出走権を獲得しました。
Nikkei_sho_2021Nikkei_sho_2021