21日、小倉競馬場11Rで行われた第55回小倉大賞典(GⅢ)は、前2頭から離れた3番手でレースを進めた石川裕紀人騎手騎乗の11番人気テリトーリアル(7、JRA栗東西浦勝一厩舎)が、直線で外の浜中俊騎手騎乗の1番人気ボッケリーニ(5、JRA栗東池江泰寿厩舎)との接戦をハナ差制して優勝しました。勝ちタイムは1分45秒5(良)でした。

さらに1.1/2馬身差の3着に団野大成騎手騎乗の12番人気ディアンドル(5、JRA栗東奥村豊厩舎)が入りました。なお、蛯名正義騎手騎乗の8番人気デンコウアンジュ(8、JRA栗東荒川義之厩舎)は5着、和田竜二騎手騎乗の2番人気フェアリーポルカ(5、JRA栗東西村真幸厩舎)は8着、藤岡佑介騎手騎乗の3番人気ヴァンケドミンゴ(5、JRA栗東藤岡健一厩舎)は9着に終わっています。

勝ったテリトーリアルは、父Teofilo、母コンサヴァトワー、その父Street Cryという血統です。前走の中山金杯6着から巻き返し、初の重賞制覇を飾りました。
Kokura_Daishoten_2021Kokura_Daishoten_2021Kokura_Daishoten_2021Kokura_Daishoten_2021