11日、船橋競馬場11Rで行われた第57回報知グランプリカップ(SⅢ)は、好位でレースを進めた山崎誠士騎手騎乗の6番人気ゴールドホイヤー(4、南関東川崎岩本洋厩舎)が、直線での競り合いを制して一旦は先頭に立っていた酒井忍騎手騎乗の5番人気リンゾウチャネル(5、南関東船橋矢野義幸厩舎)を捕らえ、これに1.1/2馬身差をつけ優勝しました。勝ちタイムは1分53秒1(良)でした。

さらに2馬身差の3着に森泰斗騎手騎乗の2番人気グレンツェント(8、南関東大井藤田輝信厩舎)が入りました。なお、矢野貴之騎手騎乗の1番人気サルサディオーネ(7、南関東大井堀千亜樹厩舎)は5着、笹川翼騎手騎乗の3番人気コズミックフォース(6、南関東大井藤田輝信厩舎)は13着に終わっています。

勝ったゴールドホイヤーは、父トランセンド、母ベルグポルカ、その父ピルサドスキーという血統です。昨年4月の羽田盃以来となる重賞3勝目を飾りました。
Hochi_Grand_Prix_Cup_2021