31日、中京競馬場11Rで行われた第26回シルクロードステークス(GⅢ)は、中団でレースを進めた福永祐一騎手騎乗の4番人気シヴァージ(6、JRA栗東野中賢二厩舎)が、直線で外から各馬を差し切り、古川吉洋騎手騎乗で2着の3番人気ライトオンキュー(6、JRA栗東昆貢厩舎)に1.1/4馬身差をつけ優勝しました。勝ちタイムは1分8秒3(良)でした。

さらにアタマ差の3着にM.デムーロ騎手騎乗の2番人気ラウダシオン(牡4、JRA栗東斉藤崇史厩舎)が入りました。なお、北村友一騎手騎乗の1番人気モズスーパーフレア(6、JRA栗東音無秀孝厩舎)は17着に終わっています。

勝ったシヴァージは、父First Samurai、母Indian Bay、その父Indian Charlieという血統の米国産馬です。昨年2月の北九州短距離ステークス以来の勝利にして、待望の重賞初制覇となっています。
Silk_Road_Stakes_2021Silk_Road_Stakes_2021Silk_Road_Stakes_2021Silk_Road_Stakes_2021