3日、園田競馬場11Rで行われた第63回新春賞(重賞Ⅰ)は、2番手でレースを進めた吉村智洋騎手騎乗の1番人気エイシンニシパ(8、兵庫橋本忠明厩舎)が最後の直線で、大山真吾騎手騎乗の4番人気ナムラヘラクレス(7、兵庫玉垣光章厩舎)との壮絶な叩き合いを制し、これにハナ差をつけ優勝しました。勝ちタイムは2分4秒1(良)でした。

さらに1馬身差の3着に廣瀬航騎手騎乗の7番人気オオエフォーチュン(5、兵庫住吉朝男厩舎)が入りました。なお、下原理騎手騎乗の3番人気タガノディグオ(7、兵庫新子雅司厩舎)は4着、川原正一騎手騎乗の2番人気ヒダルマ(6、兵庫柏原誠路厩舎)はドンベ(最下位)の12着に終わっています。

勝ったエイシンニシパは、父ワイルドラッシュ、母エーシンカリーナ、その父アグネスデジタルという血統です。このレースを勝って3連覇、通算で4勝としました。通算成績はこれで56戦18勝です。
Shinshun_sho_2021