31日、大井競馬場10Rで行われた第44回東京2歳優駿牝馬(SⅠ)は、先手を取った森泰斗騎手騎乗の2番人気ケラススヴィア(2、南関東浦和小久保智厩舎)が最後までリードを守り切り、外から伸びた藤田凌騎手騎乗の7番人気サブルドール(2、南関東大井荒山勝徳厩舎)に3.1/2馬身差をつけ優勝しました。勝ちタイムは1分43秒1(良)でした。

さらに3/4馬身差の3着に本田正重騎手騎乗の4番人気ディアリッキー(2、南関東船橋新井清重厩舎)が入りました。なお、阿部龍騎手の1番人気ソロユニット(2、北海道角川秀樹厩舎)は8着、御神本訓史騎手騎乗の3番人気ギルランディーナ(2、南関東大井渡辺和雄厩舎)は11着に終わっています。

勝ったケラススヴィアは、父サウスヴィグラス、母レディパッション、その父ネオユニヴァースという血統です。このレースを勝って無傷の4連勝で重賞2勝目を飾りました。通算成績はこれで4戦4勝です。
Tokyo_2sai_Yushunhinba_2020