31日、笠松競馬場10Rで行われた第49回東海ゴールドカップ(SPⅠ)は、好位でレースを進めた加藤聡一騎手騎乗の5番人気ウインハイラント(6、愛知坂口義幸厩舎)が3コーナーで先頭に立つとそのままゴールまで押し切り、外から追った岡部誠騎手騎乗の2番人気ニューホープ(4、笠松田口輝彦厩舎)に3/4馬身差をつけ優勝しました。勝ちタイムは2分3秒1(稍重)でした。

さらに2馬身差の3着に戸部尚実騎手騎乗の1番人気キースペシャル(4、愛知川西毅厩舎)が入りました。なお、筒井勇介騎手騎乗の3番人気ダルマワンサ(3、笠松田口輝彦厩舎)は6着に終わっています。

勝ったウインハイラントは、父ステイゴールド、母コウエイソフィア、その父フォーティナイナーという血統です。このレースを勝って、重賞初勝利を飾りました。通算成績は37戦8勝です。
Tokai_Gold_Cup_2020