30日、帯広競馬場11Rで行われた第22回ヤングチャンピオンシップ(BGⅡ)は、第2障害を2番手でクリアしてすぐに先頭に立った藤野俊一騎手騎乗の5番人気アルジャンノオー(2、ばんえい松井浩文厩舎、積載重量600kg)が、そのままゴールまで粘り切り、阿部武臣騎手騎乗で2着の1番人気ネオキングダム(2、ばんえい坂本東一厩舎、積載重量600kg)に0.2秒差をつけ優勝しました。勝ちタイムは1分41秒9(馬場水分1.0%)でした。

さらに4.1秒差の3着に藤本匠騎手騎乗の3番人気カイセキングオー(2、ばんえい坂本東一厩舎、積載重量590kg)が入りました。なお、菊池一樹騎手騎乗の2番人気ジェイスター(2、ばんえい今井茂雅厩舎、積載重量590kg)は4着に終わっています。

勝ったアルジャンノオーは、父レットダイヤ、母旭灼、その父優熔という血統です。通算成績はこれで13戦6勝(重賞1勝)です。
Young_Champion_Ship_2020Young_Champion_Ship_2020